血中中性脂肪を下げるサプリ〜血液検査で気になる血液脂肪を減らす


血中中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪とコレステロールは、同じものであるかのように捉えられています。中性脂肪は脂肪細胞に蓄積された脂肪であり、コレステロールも脂肪の一種です。どちらも脂肪であることから、身体に蓄積されると良くないものであるというイメージがあるかもしれませんが。これらの違いを詳しく見ていくことにしましょう。
4種類の脂肪の内のひとつであるコレステロール 血中中性脂肪は、血中脂質のひとつです。そのほかに、脂肪酸・リン脂質・コレステロールがあります。中性脂肪は、身体の脂肪細胞に蓄積されているものです。中性脂肪は脂肪酸になり、エネルギーとして使われます。脂肪酸は、ある程度の時間、運動をすることによって、エネルギーに変換され消費されるという特徴を持っています。リン脂質は、血液中に中性脂肪の細胞膜を作り出すための重要な成分です。さらに、中性脂肪からコレステロールも作られています。コレステロールは、様々な細胞を形成するための材料となったり、ホルモンの一種となります。
中性脂肪とコレステロールの違い 中性脂肪は、身体のいたるところに体脂肪として存在しています。食べ物を身体の中に取り入れると、まずは腸で吸収された後、中性脂肪として血液中に溶け出すことになります。中性脂肪は、身体が活動するにあたり、必要な分はエネルギーに変換されますが、余った分は脂肪細胞に蓄積されます。コレステロールは、細胞の材料になったり、ホルモンの一種となることで、身体に必要な働きをしています。つまり、中性脂肪は、エネルギーに変換されるか、予備のエネルギーとして蓄積される脂肪ですが、コレステロールは、身体を作る材料となる脂肪なのです。
中性脂肪もコレステロールもバランスが大切 中性脂肪は、脂肪細胞に蓄積され過ぎると、血液中に溶け出す中性脂肪の量が増えて、病気を発症する場合があります。一方、コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、悪玉コレステロールが血液中に増えると、血管に悪玉コレステロールが蓄積することによって、動脈硬化などを引き起こします。つまり、過剰な量のコレステロールは、悪玉コレステロールになりやすくなるため、コレステロールの量にもバランスが必要となってくるのです。
身体の中では、常に様々な脂肪が多くの働きをしてくれています。バランスをうまく取ることで、身体にとって悪い作用を抑えることが出来るのですね。