血中中性脂肪を下げるサプリ〜血液検査で気になる血液脂肪を減らす


血中中性脂肪値を下げる食品

血中中性脂肪値によって、身体がどのような病気になりやすいのかを事前に知ることが出来ます。血中中性脂肪値が高いと、様々な病気を引き起こすと言われています。身体の中性脂肪の量が多いと、血中中性脂肪も高くなりやすい傾向があります。さらに、肥満が原因で血中中性脂肪が高いと、様々な病症を併発しやすくなると言われています。こういった状態を改善するのに、中性脂肪値を下げる食品を毎日の中で取り入れ取るという方法があります。食事を通して身体に取り入れている食品は、そのまま身体を作っていきます。それでは、中性脂肪値を下げる食品には、どのようなものがあるのか?また、その食品には、どのような効果があるのかを見ていきましょう。
魚類

魚類の中で中性脂肪値を下げる効果のあるものには、イワシ・マグロ・アジ・カツオ・サワラ・アナゴ・ウナギ・サケ・シシャモなどがあります。

魚類の中でも、特に青魚には、中性脂肪値を下げる効果のほかに、ドロドロと流れの悪い血液をサラサラにしてくれる効果があります。これは、青魚に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)という成分が影響していると言われています。エイコサペンタエン酸(EPA)は、血液中の善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させる働きがあることでも知られています。さらに、青魚に含まれているドコサヘキサエン酸(DHA)という成分は、動脈硬化の予防にも効果のある成分です。

野菜

野菜の中で中性脂肪値を下げる効果のあるものには、ニンジン・カボチャ・トマト・小松菜・大豆・ゴマなどがあります。

これらの野菜に含まれている食物繊維が、腸内で中性脂肪を吸着して、それらを排泄させることによって、血液中の中性脂肪を下げる働きがあります。さらに、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きもあります。

果物

果物の中で中性脂肪値を下げる効果のあるものは、リンゴ・バナナ・キウイ・マンゴー・ブルーベリーなどがあります。

これらの果物は、コレステロールの吸収を防止する効果があります。さらに、コレステロールが分解した時に出来る胆汁酸を排出することによって、血液中の中性脂肪値だけではなく、コレステロール値も下げてくれます。特に、リンゴは、脂肪燃焼効果を持っているため、中性脂肪を減らす効果があると言われています。これら果物は、食物繊維が豊富に含まれているので、身体の排泄機能を高める効果もあります。

栄養のバランスの良い食事を取ることは、健康な身体作りをするための最も身近な方法です。