血中中性脂肪を下げるサプリ〜血液検査で気になる血液脂肪を減らす


血中中性脂肪の増加が引き起こす症状

中性脂肪というと、マイナスのイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが。中性脂肪は、脂肪細胞に蓄積された、非常用のエネルギー源となる役割を持っています。長く食事を取れない時など、脂肪細胞に蓄積された中性脂肪が血液中に溶け出すことによって、エネルギーに変換されて活動を行なうことが出来ます。ところが、現代は、飽食の時代であり、蓄積されている中性脂肪がエネルギーとして使われることなく、蓄積される一方であることが多いようです。その結果、血液中に余分に溶け出した中性脂肪は、肥満や病気の原因になると言われています。こういった血中中性脂肪の増加で引き起こされる症状には、どのようなものがあるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。
血中中性脂肪の増加が血管に与える影響 脂肪細胞に蓄積された中性脂肪は、血液中に溶け出すことによってエネルギーに変換されるのが理想的です。ところが、脂肪細胞に蓄積されている中性脂肪が一度に大量に血液中に溶け出してしまうと、血液中の中性脂肪値が高くなり、高脂血症となります。この状態が長期に渡って続く場合、高血圧になります。高脂血症と高血圧が同時に生じている状態は、血管に負担を掛け続けることになり、動脈硬化を発症することがあります。病気には様々なものがありますが、血管の状態が悪くなることによって引き起こされる病気には、直接、命に関わる深刻なものが多くあります。
血中中性脂肪の増加が引き起こす症状 動脈硬化になると、血液の流れが悪くなります。血管のあちこちが詰まりやすくなり、その結果、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあります。そのほか、中性脂肪が分解されることによって出来る遊離脂肪酸は、インスリンの働きを阻害して、血糖値が下がりにくくなります。このことが原因で、糖尿病を発症しやすくなります。こういった病気のほかに、血中中性脂肪とコレステロール値が同時に高い場合には、甲状腺機能低下症やクッシング症候群などが疑われることもあるそうです。
身体に取り入れた栄養が、うまくエネルギーに変換されるようにするには、身体に中性脂肪をため込み過ぎないようにすることが大切ですね。